SERVICE

サービス

「日本のスポーツを強くする」
が当社のスローガンです。

01.データ解析事業

BACS(Baseball Analysis and Coaching System)
BACS(バックス)とは、トラックマンデータを用いた野球のデータ解析システムです。このシステムは、選手や指導者のために開発された、コーチングに役立つ分析ツールです。
例えば、“今のボールはキレがあった”などという指導現場で使われる言葉を可視化=数値化することで、選手とコーチに共通言語をもたらします。これまで両者間に生じていたかもしれない感覚のズレを、BACSが補います。
BACSは、選手のパフォーマンス向上へのデータ活用のみならず、コンディショニング管理や怪我の予防、チーム編成にも役立てていただける分析ツールです。

スポーツにおいて、データ収集や分析をすることは、効率的にパフォーマンスを上げるために必要不可欠です。
スポーツのデータ分析にはさまざまな方法があります。例えば、体重を毎日測り、折れ線グラフで示すのも大変有用なデータの一つでしょう。また、膨大なデータの中から運動の特徴を抽出し、対戦相手の弱点を見つけ出すこともできるのです。
現在、当社では野球のデータ分析にフォーカスしています。プロ野球界へ導入が進むトラッキングデータを様々な角度から分析し、チームをサポートしています。
将来的には、アマチュア向けにサービスを拡大し、野球界全体の技術レベルの向上に貢献してまいります。

実績はこちらから

02.コンサルティング事業

データ解析
スポーツ選手のパフォーマンスを分析し、体力・技術面での課題を見える化。それをもとに専門家がアドバイスします。また、アナリストチーム構築の際のサポートや連携を行います。

実績はこちらから

IoT機器検証
スポーツデータを測るデバイスは、機種によって様々な性格を持っています。出てきたデータの精度や信頼度もバラバラで、何を使用すべきか迷う場面があるかもしれません。スポーツ現場のどのシーンで、どのデバイスを使うのがベストなのかをご提案します。

データ活用セミナー
スポーツに関わる全ての人がデータを理解し活用できるよう、セミナーでわかりやすく解説します。

実績はこちらから

03.メディア事業

スポーツ現場でのデータ活用が進むと同時に、各メディアでスポーツデータを目にする機会が多くなっています。
「データを使って正しい情報を伝えたい」
しかし、正しい情報はわかりやすいとは限りません。むしろわかりにくいものばかりです。
スポーツデータの解釈は少々難解かもしれませんが、正しい情報を少しでもわかりやすく伝えてまいります。

主な実績
野球関連テレビ出演、データの提供、各種講演会への出演、
野球データサイト Baseball Geeksの運営

04.Webソリューション事業

HTML5/CSS3の技術を活用したWebアプリや iPhone、Androidアプリなど、マルチデバイス向けの開発を得意としています。
また、ウェブ最先端技術を採用した開発の実績も豊富にあり、数年後を見据えた技術開発連携などのご相談への対応も可能です。
自社開発ノウハウをもとに、企画、アプリ開発、Webシステム開発、運用保守について、一括で対応いたします。

実績はこちらから